看護師の最先端の仕事

研修を通してスキルアップ!

看護師としてのキャリアを磨こう

最先端の医療技術を用いた治療

最先端の医療技術を用いた治療

急性期病院で働く

急性期病院で働く

看護師としてスキルアップしたいと思っているのであれば、キャリアプランを描く際に急性期病院で働くということを意識してみてください。ご存じない方もいるかもしれませんが、急性期病院とは急性疾患や心筋梗塞など緊急性の高い治療を必要とし、その治療が受けられなければ命に関わってしまうような患者への治療を担当する病院です。救急外来や集中治療室の役割と似通っているように感じるかもしれませんね。実際に近い部分は多く、命に危険の迫った急性期の患者を受けいれ、症状が安定すれば別の病院に移すという役割になります。
この病院では一般の外来患者の看護や入院病棟での勤務と異なり、常に緊迫した空気が漂っています。そのためここでの勤務に関してはプレッシャーを感じる方も多いかもしれません。しかしだからこそ看護師としてのスキルは大きく磨かれる職場です。

急性期病院の仕事内容

急性期病院の仕事内容

当然急性期病院での仕事内容はシビアなものになりがちです。その仕事内容を見ていきましょう。まず治療の必要性において一刻を争う患者さんの容態の把握が重要な仕事になります。一般の外来に来る患者の方の容態把握であれば、もちろん相手は体調が優れない状態で病院にきているので容態は良くない場合が多いのですが、それでも一定の範囲で安定しています。しかし急性期病院に来る患者の方の容態は悪いだけではなく、常に変化していることが多いのです。そのため一度把握しておしまいではなく、常にその容態を見守り続ける必要があります。
また、急性期病院で働く看護師には医療チーム内のコミュニケーションの調整役的な役割も求められています。当然医療行為には医師や看護師をはじめ薬剤師や各種検査技師など多くの専門家が加わるのですが、そうした専門家間にチームワークがなければ最適な治療は行えません。そのためチームの中で橋渡しをする役割が必要になるのですが、その役割が看護師に求められているのです。この役割も時間との戦いの中で行わなければならないので端的に適切な情報を伝達しなければならず、思考力や表現力が磨かれます。
その他に患者の方やその家族の方への説明も看護師の重要な仕事になると言えるでしょう。本来こうした役割は医師の仕事であり、一般的な外来や入院病棟であれば医師が担当します。しかし急性期病院ではいつ患者の容態が悪化するかもわからないため、医師は患者に張り付いていなければなりません。そのため患者の方やその家族への説明などを看護師が代行することも多く、このような役割も担うことで医療行為に対して総合的な視点を自然と持てるようになります。