新人看護師のためのプリセプターシップ

研修を通してスキルアップ!

看護師としてのキャリアを磨こう

プリセプターシップ

プリセプターシップ

新人看護師を育てるプリセプター

新人看護師を育てるプリセプター

看護師という仕事は医師と同様人の命を預かる仕事です。そのため、患者にとって看護師が新人かどうかは関係ありません。人の命を預かるという責任は新人だからといって軽んじて良いものではなのです。しかしそうは言っても看護の現場に出ていきなりそうのようなプレッシャーにさらされてしまっては参ってしまう人も出てきてしまいます。そこで新人看護師をフォローし、きちんとその仕事を全うさせ、さらには一人前に成長していけるよう教育をするためのプリセプターシップという制度が存在します。プリセプターシップとは、プリセプティーとなる新人看護師を、プリセプターとなる先輩看護師がフォローする制度なのです。

制度の趣旨と必要性

制度の趣旨と必要性

看護の仕事は学校で学ぶことと現場で行うことの乖離がどうしても大きくなってしまう世界です。それは学校の課程が良くないというわけで決してなく、命を扱う仕事である以上現場でなければ伝えられないことがあるからです。そのためこのこと自体は仕方がないことなのですが、あまりにも学校での課程と現場での出来事のギャップが大きすぎるために、ショックのあまり潰れてしまう新人看護師も出てきてしまうほどです。そのため新人看護師のショックを和らげ悩みを聞き、支えとなる存在が必要なのです。

プリセプターの役割と心得

プリセプターの役割と心得

プリセプターの役割は、後輩の新人看護師が現場に適応し、成長していけるようフォローを行うことです。しかし後輩の仕事内容に全責任を負う存在というわけではありません。仕事への責任自体は看護師長など全体の責任者が負ってくれます。そのためはじめてプリセプティーを指導する立場となったプリセプターは上長に頼り、チーム全体で新人を育てることを意識しましょう。あくまでプリセプターの役割は新人とチームの間の橋渡しにあるのです。たまに新人の仕事内容の全てにまで責任を感じてしまい、過剰な負担を背負ってしまうプリセプターもいるので注意が必要です。

プリセプターが心がけること

プリセプターが心がけること

もしプリセプターの大役を任された場合はとても光栄なことです。それはあなたであれば新人看護師を任せても大丈夫と周囲に信頼されたということだからです。まずは新人看護師のことをよく観察し、何か悩みを抱えていないか、あるいは異常がないのかをよく注意してあげるようにしましょう。
その上で相手がきちんと成長していけるよう、客観的な評価をおこなってフィードバックをしてあげることが大切です。ご自身の業務と指導のバランスを取らねばならず大変ですが、頑張って下さい。