看護師に必要な新人看護師研修

研修を通してスキルアップ!

看護師としてのキャリアを磨こう

新人看護職員研修

新人看護職員研修

見て盗めからの変化

見て盗めからの変化

当たり前の話ですが、どのような仕事であれ新人のうちはベテランよりも能力も知識も不足しています。看護師も例外ではなく、新人のうちはベテランとのギャップを埋め合わせるための教育や学習の期間と位置付けられています。
そのこと自体は昔から変わらないのですが、近年看護師の新人を取り巻く教育環境は大きな変化を迎えました。以前の看護師の新人教育は研修や丁寧な指導ではなく、先輩の技を見て盗めという状況だったのです。そのような職人的な状況から、近年は研修と先輩からの指導という丁寧な教育体制に切り替わっています。

ガイドラインの設定

ガイドラインの設定

このように風向きが変わったのは平成22年4月に「保健師助産師看護師法」と「看護師等の人材確保の推進に関する法律」の改正が行われてからです。この法改正によって新人看護師の教育に関するガイドラインが定められ、新人看護師を雇用する病院などの雇用主には、このガイドラインを守る努力義務が定められました。あくまでも努力義務であるため、このガイドラインを守らなくとも罰則はありません。しかし管轄官庁である厚生労働省からの指導もあって、ガイドラインを守っているところは多いようです。

研修の内容

研修の内容

ガイドラインにて定められた教育内容ですが、様々な研修に加えて現場での実践力を身につけることも重視されています。もちろん座学や知識の習得はプロの看護師として活躍していくために必須なのですが、それらの知識は新人看護師も学校の課程の中で身につけてきています。しかし、それらの知識を臨床でどのように使っていくのかということは現場に出てみなければわかりません。
また臨床に関する事柄以外にも、雇用環境の安定を求める時代の流れに沿って、看護師の早期退職の防止やメンタルヘルスの向上も重視されるようになりました。そのため、関連テーマの研修なども充実してきています。

求められる姿勢

求められる姿勢

新人看護師向けの研修はこのように充実してきているのですが、新人看護師側にも何のために学ぶのかを自分自身で模索し理解する努力が求められます。もう学生ではないので、自分自身で学習の目的意識を掴み取っていく努力も求められているのです。
特に新人研修で身につける内容は看護師として今後活躍していくための基礎にあたります。意欲的な人であれば今後の自分のキャリアプランをすでに考えはじめており、身につけたい専門分野も定まっているかもしれません。そのこと自体はとても素晴らしいことなのですが、同時に新人で何を聞いてもよく周りも教えてくれる時期だからこそきちんと基礎を身につけることが大切なのです。