看護師もキャリアをデザインしていくために

研修を通してスキルアップ!

看護師としてのキャリアを磨こう

キャリアをデザインしていくために

キャリアをデザインしていくために

キャリアプランとは何か?

キャリアプランとは何か?

そもそもキャリアプランとはどういった意味の言葉でしょうか。その概念や定義から考えてみましょう。まずキャリアとはどういった仕事に就いているのか、またどういった能力を身につけているのかという概念です。そのためキャリアプランとは自分がどういった仕事に就き、どういった能力を伸ばしていこうとしているのかという計画になります。
キャリアプランの築き方は人によって様々で、まだ若いタイミングで将来のキャリアプランを緻密に設計してしまう方もいますし、将来のことは大筋を定めるのみにして、日々キャリアプラン自体を修正していくという方もいます。

キャリアプランの重要性

キャリアプランの重要性

基本的に社会人であればキャリアプランを持つことは大切なことだと言われます。なぜならキャリアプランを持っているかどうかで、日々の仕事から学べるもののレベルが変わってくるからです。自分の中でキャリアプランが明確であれば、日々の仕事に対してこの仕事がどう自分のキャリアに影響してくるのかという点を考えられるようになります。そして、仕事を通してどういった能力を学べば良いのかも考えられます。こうしたことを考えながら仕事に取り組む方は、何も考えずに仕事に取り組む方に比べてずっと早く成長するものなのです。

看護師にも大切なキャリアプラン

看護師にも大切なキャリアプラン

ただ、これまで看護師の方たちの間では自分のキャリアプランを考えているという方は例外的な存在でした。看護師の仕事は専門職であり、一箇所の病院に長く勤める方も多かったため自分でキャリアを考えなくとも病院が決めてくれていたのです。ですが、これからの時代はそうはいきません。これは看護師に限らないことですが、転職も一般化して自分のキャリアは自分でデザインする時代がやってきたのです。今までキャリアについては全く考えたことがなかったという看護師の方も真剣に考えた方が良いでしょう。

計画と偶然の両方を大切にする

計画と偶然の両方を大切にする

キャリアプランの考え方に決まった正解はないのですが、大きく分けると2つの方法があり、それらを上手く組み合わせることが良いキャリアプランを築くポイントになります。ではその方法とはどんな方法かなのですが、1つは計画性を重視しきちんとした将来予測を立てること、そしてもう1つは計画には無かった偶然の出会いを受け入れ、キャリアプランを柔軟に調整していくことです。
まずは自分なりの将来予測や計画を持たなければキャリアプランニングはできません。しかし人間は将来を予測しきれるわけもなく、思いもよらない出会いなどから人生が変わることも多いので、柔軟性を持つことも大切なのです。